女性30代~40代で、多くの人が経験する「今まで似合っていたものが似合わなくなる問題」。カジュアルな服を着るとパジャマに見えたり、スーツやワンピを着ると参観日のお母さんに見えたりして、なんだかちぐはぐな感じに…。

 実はそれ、服のせいではなく、髪型とメイクを若い頃から更新していないからかもしれません。

 3ヵ月待ちの、マンツーマン美容コーチング+ヘアメイクレッスン「ビューティチェンジ」で1000人の女性の変身をお手伝いしてきた姉妹ユニットの姉・山口直美さん(ヘアメイクアップアーティスト)と妹のeriさん(メンタルコーチ)の初の著書「激変!ビフォア・アフター-今のあなたを最も美しく魅せるヘアとメイクの法則」から、大人女性を激変させる、目からウロコの髪型とメイクの法則をご紹介します。

写真左:自分メイクのビフォア。写真右:つけまつ毛で目ヂカラアップ。髪型も変え、メイクもメリハリを効かせて。

 もともとまぶたが重いというお悩みの人に加え、アラフォー以降、皮膚のたるみによるまぶたの下がりが気になる人も多くなります。基本的にはビューラーとマスカラでまつ毛の根元を持ち上げるのがいいのですが、一気に簡単に、まぶたを上げるなら「まつ毛エクステ」や「つけまつ毛」に頼るのもひとつの手です。

 一重まぶたの人はエクステで二重っぽい雰囲気にもなりますし、つけまつ毛はまつ毛の間をアイラインで埋める作業もいらなくなります。逆に、目をあけた時に粘膜(まつ毛の根元)が見えているタイプの目には、つけまつ毛やエクステは派手になりすぎることもあります。