キャリアチェンジ転職
全く新しい領域への転職、何歳まで可能なのでしょうか? Photo:PIXTA

職種を変える“キャリアチェンジ転職”
タイムリミットは何歳なのか?

「30歳を超えてから、職種を変える転職、いわゆるキャリアチェンジ転職は可能なのか」と聞かれることがありました。結論から言えば、可能です。実際に、30歳オーバーのキャリアチェンジ転職事例はかなりあります。

 ただし、当社で人材紹介を行った範囲では、ハイポテンシャル人材がほとんどです。最近では、国立大学を卒業し大手商社に勤務していたアラサーの候補者がIT系のスタートアップに転職した事例や、一流私大から別の大手商社に入った候補者が外資系コンサルティングファームに転職した事例がありました。

 いまのところの実績としてはハイポテンシャル人材に限られていますが、今後もっと間口が広がっていく可能性はあると思います。年齢に関して、企業の姿勢が柔軟になってきているからです。

 以前は、「28歳がキャリアチェンジ転職の限界」といわれていました。しかし、現在は33歳くらいまではキャリアチェンジ転職の事例が出てくるようになっています。その変化の背景にあると考えられるのが、転職市場の高齢化です。

 一時期はまことしやかに語られた「35歳転職限界説」が霧散し、40代、50代の候補者が普通に転職市場に出て、普通に採用されていくようになった流れの中で、キャリアチェンジ転職が可能な年齢の上限も上がっていったわけです。