3ヵ月待ちの、マンツーマン美容コーチング+ヘアメイクレッスン「ビューティチェンジ」で1000人の女性の変身をお手伝いしてきた姉妹ユニットの姉・山口直美さん(ヘアメイクアップアーティスト)と妹のeriさん(メンタルコーチ)の初の著書「激変!ビフォア・アフター-今のあなたを最も美しく魅せるヘアとメイクの法則」が、発売早々話題となっている。
本書では、女性30代~40代で、多くの人が経験する「今まで似合っていたものが似合わなくなる問題」を、ヘアとメイクを変えることで解決。40代以降でも驚くほどの美の伸びしろがあることが明らかにしている。
本書の中から、少し変えるだけで、劇的に洗練された大人になれる、ヘアやメイクの法則とテクをご紹介する。

写真左:自分メイクのビフォア。ピンクベージュの口紅で顔色がくすんで見える。写真右:ビューティチェンジ後のヘア&メイク。顔に影を作らないヘアスタイルやアイメイクにするとともに、口紅もプラム系に変え、メリハリがついて若々しく

力を入れるべきは、目元ではなく口元

 大人世代にとって、最も力を入れるべき、ポイントメイクはどこだと思いますか?
ズバリ、目元ではなく口元です。

 口元は、目元以上に大人に必要な気品をかもし出すパーツ。
 なぜ口紅が大事なのかというと、年齢を重ねた女性ほど口紅の効果が大きくなるからです。メイクをしているのにすっぴんに見えている人は、たいがい、口紅が薄すぎるのです。
「口紅さえ塗っていればおしゃれしているように見える」とも言えます。

 極端な例ですが、白髪のおばあさんでも、髪を結わえて口元に紅が差してあれば、
 品のいいおしゃれなおばあさんに見えます。色のない世界に、パッと赤い口紅。それだけで凛とした気品が漂います。

 今の40代以降は、世代的にリップメイクを軽視しがちな傾向にあります。
 アイメイク全盛期に20代を過ごしたため、強い目元×ヌーディな口元というバランスに長く親しんできました。当時、ベージュや白っぽいピンクなど色みのない口紅が人気だったので、今でも唇にはっきりとした色をのせることに抵抗があるのだろうと思います。そしてビビッドな赤い口紅に対しては、いまだにバブル期のイケイケお姉さんのような、古いイメージを持ち続けている人も多いのです。