鳩山スキャンダルの直後に
覚せい剤で逮捕された赤坂晃氏

 鳩山氏の秘書2人が起訴された5日後、ジャニーズの人気アイドルグループ「光GENJI」の元メンバーである赤坂晃さんが、新宿区内のホテルで覚せい剤を使用していたとして、覚醒剤取締法違反(所持・使用)で逮捕された。超人気アイドルからの転落劇ということに加えて、07年10月にやはり覚醒剤で逮捕されて執行猶予中だったという悪質性から、ワイドショーはこれを大きく報じた。この年に逮捕された押尾学さん、酒井法子さんという2人の有名人に引っ掛けて、ごぞって「芸能人とクスリ」という特集を組んだのである。

 沢尻容疑者の逮捕は、政府のスキャンダルを覆い隠すためだと自信満々で断言する“鳩山ロジック”を適用すれば、このタイミングでの赤坂さんの逮捕にも当然、同じ狙いがあったと考えなくては筋が通らない。

 という話をすると、「くだらない言いがかりをつけるな!安倍政権は官僚の人事権を握って、恐怖支配をしているので、鳩山政権とはまったく違うのだ!」とか、「こういう悪事はすべて安倍政権になってから始められたのだ」という方向へ持っていきたい人たちが出てくるが、それはさすがに無理がある。

 これまで旧民主党の皆さんが国会で追及する不正やスキャンダルのほとんどが、きれいな放物線を描いて自らの後頭部に突き刺さっていることからもわかるように、現在の安倍政権が抱えている問題と、旧民主党政権が抱えていた問題の本質は何も変わらない。

 与党も野党も、同じシステム、同じルールの中でつくられた「職業政治家」だからだ。

 たまたまイデオロギーや政策で、Aチーム、Bチームといった具合に異なるユニフォームを着ているだけで、みな同じようにカネを集め、同じように地元や支持団体に利益誘導をする。実際、旧民主党政権の閣僚もたくさん失言したし、たくさんパワハラやセクハラの問題も出たではないか。

 要するに、同じ「政治ムラ」の住人なので、自民党議員だけが悪事の限りを尽くして、旧民主党議員は清廉潔白なんてことになるわけがないのだ。自民の議員がやっているインチキは、他党の議員も多かれ少なかれ似たようなことをしている。政権を担っていないので、タレコミや追及がなくてたまたまバレていないだけである。

 それと同じで、安倍首相が自分の都合で、薬物芸能人を逮捕させているのなら、鳩山元首相だって同じことをしていたと考えるべきなのである。あいつは悪いやつだけど、我々は正義なので清いというのは、あまりにご都合主義的な考え方である。

 というわけで、ぜひとも鳩山元首相にはSNSなんかでつぶやくだけではなく、マスコミなどに登場して、すべての国民の前で「真相」を語ってほしい。