ステファン・ガルニエ(Stéphane Garnier)
1974年、フランス、リヨン市生まれ。レコーディング・エンジニアとして長く働いた後、現在は作家として小説、エッセー、ドキュメンタリーなどを手掛けている。愛猫ジギーとの暮らしを満喫し、その行動から日々得られた気づきをまとめた『猫はためらわずにノンと言う』(ダイヤモンド社)がフランスで20万部を超えるベストセラーとなり、世界28の言語に翻訳された。腕に抱いているのが愛猫のジギー。

【その8】
 飼い主が猫をバカにした時には、どれだけバカにされたかでやり返すまでの時間と内容が決まる。
 場合によっては数週間後にやり返すこともあるのだ。

【その9】
 飼い主がいるなら、何もすることはない。
 どんなことでもニャーとひと鳴きして頼めばいいのだから。
 偉大な猫の師匠が「鳴き続ければ、飼い主はうんざりして必ず折れる」と言ったではないか。

【その10】
 そもそも命令など従う気はまったくないので、飼い主が言えば言うほど聞こえなくなる。