文在寅大統領
Photo:Handout/gettyimages

 日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄が6時間後に迫った11月22日午後6時。韓国大統領府は、「日本の輸出管理規制措置を巡る日韓協議が続く間」という条件付きで、日韓GSOMIA破棄通告の効力を停止した。

 韓国の終了通告から3カ月。韓国の文在寅政権は曺国法相の辞任を契機に対日関係改善に乗り出したものの、日本との呼吸が合わず、状況は二転三転した。

 最後に日韓双方に「引導」を渡したのは米国だった。

「失望を何度も言わないで」
米国務次官に康韓国外相

 11月に入り、GSOMIAの失効期限が近づくと米国政府の韓国に対する働きかけが本格化した。

 まず訪韓したのは、スティルウェル米国務次官補だった。