COUPLE~夫婦向けモデル~SELECT POINT

1.彼女・奥様にも運転しやすい
2.長くゆっくり愛せる個性を重視
3.後席は基本は荷物用

6シリーズ

 BMW 6シリーズ(2011年~2017年):360万円~
 新車では買えないモデルを手に入れる中古車の醍醐味を味わいつつ、夫婦二人で優雅なドライブを楽しみたいなら高級2ドアクーペがお薦めである。ならば推したいのはBMWの6シリーズ。4ドアのオープンモデルもあるが、ここはあえて贅沢に2枚ドアのクーペを選びたい。2011年から2017年まで発売された3世代目モデルは新車価格約900万円の高級クーペだが、現在は400万円以下から探すことができる。荷物をリアシートに積んでのドライブはもちろん、乗り降りは不便だが後席もしっかり実用的。こちらもポイントが高い。

TT

 アウディ TT(2015年~):240万円~
 運転を楽しみつつ車内も快適。見た目も内装も上質かつ個性的。そんな条件を満たすのはおのずと高級車になってしまうが、中古車なら探すことは可能。新車価格約420万円~のアウディ TTはどうだろう。1998年に登場した初代モデルはアウディデザインの素晴らしさを世界にアピールすることに成功し、狙いの2代目モデルは2015年から登場。一般的に内装の善し悪しは素人には分かりにくいものだが、アウディの場合は操作感や質感からその違いが伝わる。後席は乗車には向かないが荷物置きとして便利で、倒すと荷室も広く使える。

アルテオン

 フォルクスワーゲン アルテオン(2017年~):380万円~
 どんなにSUV人気が高まっても王道であるセダンボディを求める人は多い。そういう人に薦めたいのがフォルクスワーゲンのフラッグシップのアルテオン。まず第一に希少性という武器がある。他のドイツ系セダンのように、街中で同じクルマにすれ違うことはまずない。カタチもクーペ風で美しく個性的。中身は当然フォルクスワーゲンらしく質実剛健そのもので、全長4865mmながら2リッターの小排気量エンジンなので13.3km/Lと燃費性能も優秀。駆動方式も4WDと遊び心があるようで鉄板仕様なのである。