世界1200都市を訪れ、1万冊超を読破した“現代の知の巨人”、稀代の読書家として知られる出口治明APU(立命館アジア太平洋大学)学長。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。
その出口学長が、3年をかけて書き上げた大著が、なんと大手書店のベストセラーとなり、話題となっている。BC1000年前後に生まれた世界最古の宗教家・ゾロアスター、BC624年頃に生まれた世界最古の哲学者・タレスから現代のレヴィ=ストロースまで、哲学者・宗教家の肖像100点以上を用いて、世界史を背骨に、日本人が最も苦手とする「哲学と宗教」の全史を初めて体系的に解説した本だ。なぜ、今、哲学だけではなく、宗教を同時に学ぶ必要があるのか?
脳研究者で東京大学教授の池谷裕二氏が絶賛、小説家の宮部みゆき氏が推薦、某有名書店員が「100年残る王道の1冊」と激賞する『哲学と宗教全史』が第7刷を突破。本日の「日経新聞」でも掲載されたが、「朝日新聞」「読売新聞」「日経MJ」「北海道新聞」「中国新聞」「京都新聞」「神戸新聞」「中日新聞」などで大きく掲載。“HONZ”『致知』『週刊朝日』『サンデー毎日』「読売新聞」でも書評が掲載された。
今回も、2019年11月23日に桜美林大学で開催された「ビッグヒストリーとリベラルアーツシンポジウム~『究極のリベラルアーツ』がアジアを繋ぐ~」と題したシンポジウムの出口氏の講演会ダイジェストのつづきをお送りしよう。

Photo: Adobe Stock

リベラルアーツとは?

出口治明(でぐち・はるあき)
立命館アジア太平洋大学(APU)学長
1948年、三重県美杉村生まれ。京都大学法学部を卒業後、1972年、日本生命保険相互会社入社。企画部や財務企画部にて経営企画を担当する。ロンドン現地法人社長、国際業務部長などを経て2006年に退職。同年、ネットライフ企画株式会社を設立し、代表取締役社長に就任。2008年4月、生命保険業免許取得に伴いライフネット生命保険株式会社に社名を変更。2012年、上場。社長、会長を10年務めた後、2018年より現職。訪れた世界の都市は1200以上、読んだ本は1万冊超。歴史への造詣が深いことから、京都大学の「国際人のグローバル・リテラシー」特別講義では世界史の講義を受け持った。おもな著書に『生命保険入門 新版』(岩波書店)、『仕事に効く教養としての「世界史」I・II』(祥伝社)、『全世界史(上)(下)』『「働き方」の教科書』(以上、新潮社)、『人生を面白くする 本物の教養』(幻冬舎新書)、『人類5000年史I・II』(ちくま新書)、『0から学ぶ「日本史」講義 古代篇、中世篇』(文藝春秋)など多数。

 今日のもう1つのテーマは、リベラルアーツです。
ビッグヒストリーは、ネーション・ステートの呪縛を離れ、世界の姿をありのままに見る学問だと僕は考えています。

 それに対してリベラルアーツとは何でしょうか?

 以前は、言語は、ホモ・サピエンスのコミュニケーション手段だと考える人が多かったように思います。

言語はコミュニケーションツールではない?

 でも、最近の学説では、

言語はコミュニケーションのツールではなく、思考のツールである

 という考え方が多数になっていると思います。

 脳が発達した人間は、物事を考えるツール、思考のツールとして言語を発明しました。

 学者によって、その時期は6万~7万年前、あるいは、10万年前と議論は分かれていますが、僕も、言語は思考のツールであると理解しています。

 つまり、人間は言語を発明することによって、パスカル(1623-1662)のいう「考える葦」になった。
 あるいは、デカルト(1596-1650)がいった「我思う、ゆえに我あり」という能力を持つようになった。
 言語によって文明が蓄積され、巨人の肩に乗って大局的に世界を見ることができるようになったことが、ホモ・サピエンスの特徴だと思います。

 フランスのマクロン大統領は、「フランス文化とは何か」という問いを自ら立て、「それはフランス語である」と答えています。各地域の文化や多様性を守ることは、言葉を守ることであるという趣旨の発言をしていると思いますが、まず、言語があり、人間は言語で考える動物ですから、マザータング(mother tongue、母国語)の重要性が世界各国でいわれていることは、理由のないことではないと思います。