●ホノルルと日本の時差
 日本とハワイの時差は19時間あります。ハワイのほうが日本より19時間遅れています。例えば、日本の月曜日正午のとき、ハワイでは日曜日の午後5時にあたります。日本にいるときにハワイの時刻を知りたければ、日本の時刻に5時間プラスして日付を前日にします。逆にハワイにいるときに日本の時刻を知りたければ、ハワイの時刻から5時間マイナスして日付を翌日にするのが簡単でしょう。

■ハワイの現地時間・時差
・URL:  https://www.arukikata.co.jp/country/9H/info/localtime.html

●ホノルルの天気・気候
 ハワイには「常夏の島」というイメージがありますが、日本ほど寒暖差はないものの四季があります。11~3月は比較的雨が多く、朝晩は少々涼しくなり、上着が必要なときがあります。逆に夏場は日本でいうところの真夏日が続くこともあります。

 とはいえ、1年を通して過ごしやすい気候であることは間違いありません。北東からの貿易風の影響で真夏でも湿度は低いので、夜はエアコンなしで熟睡できる快適さで、日中は海で泳いで気持ちいいと感じる水温です。

■ホノルルの天気&服装ナビ
・URL: https://www.arukikata.co.jp/weather/9H/HNL/

ビーチを楽しむ

ワイキキ・ビーチの楽しみ方はいろいろ!
ワイキキ・ビーチの楽しみ方はいろいろ!

●ワイキキ・ビーチ~個性あふれるビーチの集合体
 南の島のビーチリゾートとして発展してきたハワイ。オアフ島には魅力的なたくさんのビーチが点在しています。その代表といえば、誰もが思い浮かべるワイキキ・ビーチです。なだらかに延びる白い海岸線に燦々と降り注ぐ日差し、光り輝く紺碧の海、海風にそよぐヤシの葉陰に見え隠れするダイヤモンドヘッド。ビーチを闊歩するサーファーたち。最もハワイらしい光景が広がり、リゾート気分が盛り上がります。

 ワイキキ・ビーチは全長約3kmに及ぶので、場所によって名称があり、それぞれ異なった表情を見せています。目的によって使い分けるのが楽しむコツといっていいでしょう。ダイヤモンドヘッドがある東側から見ていきましょう。

●クイーンズ・サーフ・ビーチ
 ウォー・メモリアルや水族館からワイキキ・ウォール(突堤)あたりまでがクイーンズ・サーフ・ビーチです。山側はカピオラ二公園になっているので、砂浜から続く芝生に寝転ぶ人、読書する人、ピクニックに来たファミリ一、バーベキューを楽しむグループなど、過ごし方はさまざま。落ち着いたのんびりムードが漂っています。岩場が多く、水の透明度が高いため、スノーケリングポイントでもあります。