リーバイス(R) ビンテージ クロージング

リーバイス

後ろ姿で誰もがわかる永遠定番のXX
 501XXの1955年モデルは、それまでのレザーパッチから紙パッチへと移行した最初のモデルとして知られるモデル。12オンスのセルビッジデニムは生のままでバリバリに硬いが、履き込むうちに馴染んでいく。後ろ姿を見れば一目置かれる、あえてフィットさせない四角いフォルムはあまりにも有名。2万8000円(リーバイ・ストラウス ジャパン)

PT05

PT05

美脚を誇るジェントルマンデニム
 PT01譲りの美脚シルエットを生かしたイタリアンデニムは、「ジェントルマンデニム」と呼ばれる。素材はもちろんストレッチを混紡。裾は初期設定でターンナップされ糸留めされている。ボタンフライのフロントはゴールドのボタンを採用し、レザーパッチには「PT05」のメタルパーツが採用されるなど、随所にラグジュアリーなエレメントが見られる。3万2000円(PT JAPAN)

マッキントッシュ

マッキントッシュ

日本の技術をリスペクトするデニスラ
 クリースの入ったワンプリーツ入りのデニムスラックスは、インディゴブルーにオレンジステッチが映えるジーンズさながらのカラーコントラスト。日本のファクトリーが手掛けたモデルだ。今風のテーパードシルエットは、ジャケットにも違和感なく合わせられて、しかもモダンなテイスト。フラップ式バックポケットは、後ろ姿のアクセントに。2万7000円(マッキントッシュ ジャパン)