今や街中でもオフィスでも、どこでも外国人がいることが当たり前の時代になりました。そして、2020年は東京オリンピックが開催されます。来年は、さらにいっそうまわりで外国人を見かける機会が増えそうです。でも、英語に自信のある方はいいですが、いきなり街中で外国人から話しかけられたりしたら、ドキマギしてうまく対応できないという方も、少なくないはずです。そんな英会話初心者の方に、ぜひ、おすすめしたいのが、『だれとでも会話がとぎれない! 1分間ぺラペラ英会話』(小林真美著、ダイヤモンド社、11月28日発売)です。本連載では、同書の中から抜粋して、英語に苦手意識のあるヒビギナーの方に向けて、英会話上達のポイントをお伝えしていきます。

Photo: Adobe Stock
 

スモールトークは、気まずい居心地の悪さを解消する

 スモールトークができると、日常生活やビジネスシーンで出くわす、“気まずい沈黙”をちょっとした会話のひと時に変えることができます。

 もちろん、日常の様々な場面では、無理して見知らぬ人に話しかける必要がない場合もありますし、ほんの一瞬のことであれば、気まずい沈黙もやり過ごしてしまおうと思うこともあるでしょう。

 しかしながら、沈黙に何となく居心地の悪さを感じているのは、相手も同じです。少しの勇気を出して、ちょっとした会話を楽しみましょう。

 スモールトークには、その場に居合わせる人の“緊張”や“警戒感”を解く、という効果もあります。

 ニューヨークなどの大都会で、ホテルやアパートのエレベーターに見知らぬ人と1対1で乗り合わせた場合は、警戒して緊張するものです。にっこり微笑んで、お天気や何か軽い話題で会話を交わせば、お互いほっとできますね。

 場所によっては、こういった社会的背景を踏まえたうえで、スモールトークが“必要”とされている場合もあります。