英会話をユーチューブで学ぶ人が増えている
英会話をユーチューブで学ぶ人が増えている(写真はイメージです) Photo:PIXTA

人気ユーチューバーの出現など、今やコンテンツの主力となったユーチューブ(YouTube)。実は今、このユーチューブで英会話を学ぶ人が増えている。実際、英会話を教えるユーチューバーもいるほど。学ぶ側にはどんなメリットがあり、どんなチャンネルが見られているのか。ユーチューブ×英会話の最前線を追う。(取材・文/フリーライター 有井太郎)

ユーチューブ×英会話
なぜその組み合わせ?

 ユーチューブの勢いはとどまることをしらない。もともとは、過去のテレビ番組をアップするなど、違法も含めた2次利用的なコンテンツが多かったが、最近はユーチューブで独自配信するコンテンツも急成長している。

 さまざまな世代がユーチューブを楽しむ中、特に過熱ぶりが顕著なのが子どもたちだ。再三ニュースで報じられている通り、日本FP協会が毎年調査する「小学生が将来なりたい職業」の2017年調査で、ユーチューブを舞台に活躍する「ユーチューバー」が男子6位にランクインしたのである。

 ただ、その一方で、ある特定の目的を持つ人たちからも、ユーチューブが新たなツールとして活用され始めている。その代表例が「英会話」だ。

 いつの時代も、英会話は「習得したいスキル」の上位を占めてきた。そしてこれまでは、英会話教室や英会話教材、最近ではスピードラーニングといったものも流行したが、今この界隈では「ユーチューブで英会話を学ぶ」というトレンドが起きているのだ。

 いったいなぜ、「ユーチューブ×英会話」の組み合わせが活用され始めているのだろうか。実際に学んでいる人の声を挙げ、さらには英会話で人気のユーチューバーやコンテンツを紹介しながら、その中身を追ってみた。