せっかくの忘年会は自分の仕事のためにも生かしたい
せっかくの忘年会、自分の仕事のためにも生かしたい(写真はイメージです) Photo:PIXTA

本格的な忘年会シーズンに突入した。忘年会はただの飲み会として過ごすのか、それとも、ある程度の目的を持って臨み、自分の仕事に生かすのか。トップ営業マンと呼ばれるような人々は、忘年会も自分の仕事に役立てている。ちょっとした意識の違いが後の大きな差につながるのである。(営業サポート・コンサルティング代表取締役、営業コンサルタント 菊原智明)

忘年会で
嫌われた営業部長

 私は30歳近くになるまでダメ営業マンの生活をしていた。アルコールでストレスを解消するタイプだったため、飲み会は大好きだった。

 その中でも、他部署のスタッフやパートナー会社の方が集まる忘年会は、特に楽しみにしていたものだ。そんな私でも「あぁ、今日は早く帰りたい」と思うこともある。

 ある年の忘年会でのこと。営業部長がいい感じで酔っぱらい始めた。すると「そのへんにいる営業はこっちに集まれ」と言いだした。

 私はたまたまその部長の近くに座っていたため、必然的に話を聞くことになった。5~6人程度集まったところで部長が「これからの営業方針についてオレはこう考えている」と熱を込めて話し始めた。