少額から始める個人投資家にとって、
おすすめの投資は「FX」でも「仮想通貨」でも「投資信託」でもない。
「小型株集中投資」が一番である。

ほとんどの人は、こう思っているのではないか?

「集中投資は高リスクで危険」 「分散投資は低リスクで安全」
「無名企業の小型株は不安定で損する」 「有名企業の大型株は安定して儲かる」

こんな常識は、実際のところ非常識、大間違いなのである。

分散投資が有効なのは、億単位の資産家のこと。
手元資金が限られる個人投資家が同じことをしても、お金はたいして増えない。

実は小型株集中投資こそ、低リスク&高リターン。究極の投資法なのだ。

これは大学生のときに知識ゼロから投資を始め、さまざまな失敗を経験しつつも、大きな資産を築いた『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の著者がたどり着いた“投資スタイルの結論”。

基本的な戦略は、1年以内に株価3倍以上になる「小型株」を見つけて、1銘柄に集中投資すること。
ふつうの会社員でも、抑え気味のシミュレーションでも、10年あれば1億円貯まる。

著者は大学卒業後、ベンチャー企業に勤めたものの、小型株集中投資で得た資金をもとに26歳で早々に独立。
1年の半分は国内外を旅行しながら投資をして、悠々自適に自由を謳歌している。

その投資経験をベースに、経営者、上場企業役員、医者、弁護士、ビジネスパーソンなど、これまで1200人以上の個人投資家を指導し「勝てる投資家」を数多く輩出。
噂を聞きつけた資産家から「10億円を預けるから資産運用して欲しい」と頼まれたこともあるが外部運用はすべて断り、自己資金のみで運用している。

最大年間利まわり+600%、1銘柄の最大投資益+1200%など、1銘柄だけでも億単位のリターンを達成している著者が、自らの投資手法を初公開する。

Photo: Adobe Stock

高学歴の新卒社員がいる

 高学歴で優秀な新卒が入るベンチャー企業は、その後、3~5年でほぼ例外なく業績が伸びています。

 私自身、大学時代の就職活動を通して多くのベンチャー企業をみましたが、当時、高学歴で優秀な学生の間で人気のあったベンチャー企業は、ほぼ例外なく上場して、大きく株価を伸ばしています。

 たとえば、以下のようなベンチャー企業です。

 高学歴で優秀な学生は、複数の有名企業から就職内定を得ることが多いです。外資系企業であれば、新卒で年収1000万円を超えるケースも珍しくありません。

 そうしたブランド力のある有名企業や高収入の外資系企業から内定をもらえる優秀な学生が、恵まれた条件を蹴ってまで入社するベンチャー企業というのは、やはりキラリと光る成長性を感じられることが多いです。

 そうしたベンチャー企業は、IT、ゲーム、バイオなど、今後大きく伸びそうな分野で事業展開しています。

 有望な分野で優秀な人材が集まる会社が、今後大きく伸びそうなことは容易に想像がつくでしょう。

 もちろん、高学歴の学生が、みんな優秀なビジネスパーソンとして活躍するとは限りません。

 しかし、高学歴の学生が、数ある選択肢のなかから最終的に就職先として選んだ会社というのは、投資家にとって事業の成長性を推しはかる1つの判断材料となります。

 新卒社員に限らず、中途採用で優秀な人材が集まる会社も、そうでない会社に比べて、大きく成長していく可能性が高いという判断材料の1つになります。