クリスマスはもう目前! 先日、この連載でご紹介した『今年のクリスマスプレゼント 彼女に贈るべきジュエリーは?』は、見ていただけましたか。この連載では、様々なジュエリーをご紹介してきましたが、まだお伝えしていないことがありました。似合う地金の色についてです。
ひと昔前は、シルバーとゴールド、どちらかだけでジュエリーをまとめることが多かったのですが、今はミックスしてつけるのが主流。ですから、もちろん好きに選び、組み合わせていただいてよいのですが、基本知識として、自分に合う色みを知っておくことで、より素敵に見せられます。
教えてくれるのは、ファッション業界の、おしゃれ上級者たちも憧れるジュエリーディレクター・スタイリストの伊藤美佐季さん。その美しいスタイリングと、本当に良いものを見抜くセンスは、「伊藤さんが選んだものが、次に流行るジュエリー」と言われるほど。
著書『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』の中から、そんな伊藤さんの、長く使えるジュエリー選びと、おしゃれに見えるつけ方のコツをご紹介していきます。

肌色によって、
似合う地金の色は違う

Photo by 成尾和見

 地金はミックスしてもいいとお話ししましたが、大前提として自分の軸となる地金を決めておくのはもちろんいいことです。
 似合う地金の色を決めるとき、重視すべきは肌の色。服の場合は、色が白いほうが似合うものが多いなどと言われることがありますが、ジュエリーに関しては、色が黒い人のほうが似合いやすいのです。

 たとえば、色白さんがパールを着けると、「あらたまったお出かけ?」と見えがちですが、色黒さんなら適度なカジュアル感が出ておしゃれに見えます。プロテニスプレイヤーの大坂なおみさんも、テニスウェアにパールジュエリーを着けていて、とてもヘルシーで素敵ですね。
 パールだけでなく、色黒さんは地金の色も選びません。ホワイトベースもイエローベースも、どちらもOK。シルバーを着けるとかっこよくなりますし、イエローゴールドやピンクゴールドを着けるとヘルシーに見えます。

 一方、色白さんには、プラチナやシルバーがおすすめ。イエローゴールドを着けると女っぽくなりすぎる場合があるので、そういうときは服装をシンプルでマニッシュにまとめ、髪型もタイトにするなど、できるあけシンプルにすれば、ちょうどよく決まるでしょう。

 また、年齢を重ねて乾き気味になってきた大人の肌には、色白・色黒を問わず、ピンクゴールドのツヤのある輝きが大きな助けになってくれることも覚えておいていただければと思います。

 いかがでしたか? 似合う地金の色がわかれば、一生もののジュエリー選びの確度もあがりそうですね。『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』では、ほかにもさまざまな似合うジュエリーを見極めるポイントをご紹介しています。
 ぜひ、参考にしてみてくださいね!