「そろそろ、ジュエリーを買ってみよう!」と思っても、高額で服のように気軽に買いかえることができないジュエリーに対して、私たちの経験は圧倒的に不足しています。ですから、いざ「何か欲しいな」と思っても、何を買っていいのか、どこで買えばいいのか、そもそも、どこにどうつければいいのかもわからない!という方は、多いと思います。そこで、ジュエリーディレクター・スタイリストとして大活躍中の伊藤美佐季さんに、著書『そろそろ、ジュエリーが欲しいと思ったら』の中から初心者でも失敗しないジュエリーの買い方や、素敵に見えるつけ方のコツを教えていただきました。今回は、さり気ないのに目を引くピアスの着け方をご紹介していきます。

ピアスの穴を増やして、片耳に2つ着けてみる

1つの部位にいくつかジュエリーを重ねると、1つだけ着けたときに比べて、ぐっとおしゃれに見えます。ブレスレットや、指輪を重ね着けするように、ピアスも重ね着けしてみると新鮮です。

Photo by 成尾和見(SEPT)

今、左右に1つずつピアス穴が開いているという人は、どちらか片方にもう1つ、ピアス穴を開けてみるのはいかがでしょう。このとき、左右同じ穴の数ではなくて、たとえば右が1つなら左は2つなど、あえて数も左右アンバランスにしてみても素敵です。

ピアス穴を2つにしたほうの耳は、さっそく2個着けにトライしてみましょう。下のメインの穴に大ぶりなものや個性的なピアスを着けたら、上のサブの穴には、ダイヤモンドのスタッドピアスなど、シンプルなものを着けてみてください。下のピアスをメインに、上に着けるのは同じか、それよりも小さいものにするとバランスが取りやすい。という基本を覚えておくと、何をどう着ければいいの?と迷う2個づけも、おしゃれに楽しめるようになります。

写真のように極端に差をつけても楽しいですし、ダイヤモンドのスタッドピアスを2つ、ダイヤモンドのカラット数を変えて着けるなどの控えめな2個着けも、普段の装いにはとても素敵だと思います。