何をするにも一気に結果を出したがる人はいる。早起きはダイエット以上にリバウンド力があるもの。今までのんびり寝ていた人が、さあ早起きするぞと決意しても、過去の私のように結局は挫折して元に戻ってしまうもの。

「朝30分早く起きるだけで仕事も人生もうまく回りだす」菊原智明/著、青春出版社/刊、194ページ「朝30分早く起きるだけで仕事も人生もうまく回りだす」菊原智明/著、青春出版社/刊、194ページ

 無理してリバウンドするのであれば、確実に1日1分を積み重ねた方が早いのだ。

 明確な医学的根拠の有無はさておき、そもそも人間には「現状維持機能」のようなものが備わっている。総じて新しい変化には抵抗し、「いつも通りの生活パターン」を維持しようとするものだ。人間の体にとって急激な変化は危険であり、脅威であるからだろう。それは早起きに対してもいえることだ。

 多くの人が早起きを始めても、三日坊主に終わってしまうのは、こうした「現状維持機能」によりストップがかかるからともいえる。単純に「根性がない」とか、「体質だ」とかいうことではないと思う。

 しかし、さすがの「現状維持機能」も1日1分では気が付かないし、ストップをかけない。ここに成功の秘訣(ひけつ)がある。

 ぜひ、明日の朝から1日1分の早起きをスタートしてほしい。

 あっという間に朝活の時間がとれるようになる。この時間でさっと一仕事をすれば、仕事は驚くほどスムーズに進むことになる。これからは「朝活時間」の習慣を身につけた人だけが生き残っていくだろう。