今や街中でもオフィスでも、どこでも外国人がいることが当たり前の時代になりました。そして、2020年は東京オリンピックが開催されます。来年は、さらにいっそうまわりで外国人を見かける機会が増えそうです。でも、英語に自信のある方はいいですが、いきなり街中で外国人から話しかけられたりしたら、ドキマギしてうまく対応できないという方も、少なくないはずです。そんな英会話初心者の方に、ぜひ、おすすめしたいのが、『だれとでも会話がとぎれない! 1分間ぺラペラ英会話』(小林真美著、ダイヤモンド社、11月28日発売)です。本連載では、同書の中から抜粋して、英語に苦手意識のあるヒビギナーの方に向けて、英会話上達のポイントをお伝えしていきます。

Photo: Adobe Stock

日本語でも日頃から
見知らぬ人との何気ない会話を心がけよう

 外国人とのスモールトークを上達させるには、見知らぬ人との何気ない会話を楽しむこと、他人の話に興味を持つこと、そして誰からも話しかけられやすい雰囲気を自分自身が持つことが大事です。

 一言で言えば、いつでもフレンドリーでいましょうということです。

 これは英語力というよりも、日頃から周囲の人とどう関わるかという姿勢の問題です。日本語で楽しくスモールトークができない人は、英語でのスモールトークもなかなか上達しません。

 英語さえできれば、外国人と楽しくスモールトークできる、そして外国人の信頼を得られると考えるのは幻想です。

 私が見てきた、外国人とのスモールトークが上手な日本人は、日本語でも話が楽しく、誰に対してもフレンドリーな人ばかりです。

 英語と日本語という言語としての違いや、英語圏と日本の文化的な違いは色々ありますが、コミュニケーション上手な人の本質は同じなのだと思います。

 英語でのスモールトーク上達を目指すには、まずは日頃から日本語でのスモールトークを磨く気持ちで、見知らぬ人とのコミュニケーションを積極的に持ちましょう。

 究極の目標は見知らぬ人に対しても、人見知りをすることなく、思ったことを明るく口にする、関西のおばちゃんのコミュニケーションパワーです。

 関東出身の私も中途半端な遠慮が抜けきれないことがいまだにあります。私が彼女達のコミュニケーションパワーを持っていたら、もっと英語でのスモールトークも上手になっていたのではないかと思っているくらいです。

  関西のおばちゃんパワーを全部真似することはむずかしくても、少しずつ日頃から知らない人と言葉を交わすことを意識してください。