今や街中でもオフィスでも、どこでも外国人がいることが当たり前の時代になりました。そして、2020年は東京オリンピックが開催されます。来年は、さらにいっそうまわりで外国人を見かける機会が増えそうです。でも、英語に自信のある方はいいですが、いきなり街中で外国人から話しかけられたりしたら、ドキマギしてうまく対応できないという方も、少なくないはずです。そんな英会話初心者の方に、ぜひ、おすすめしたいのが、『だれとでも会話がとぎれない! 1分間ぺラペラ英会話』(小林真美著、ダイヤモンド社、11月28日発売)です。本連載では、同書の中から抜粋して、英語に苦手意識のあるヒビギナーの方に向けて、英会話上達のポイントをお伝えしていきます。

Photo: Adobe Stock

会話を盛り上がるコツは、
もう一言、何か言ってみる」「ツッコミを入れる」こと

 スモールトークでのアイスブレイクが大事だとわかっていても、次の予定や仕事の件で頭が一杯なことも多いものです。そんな時は自分から話題を振るのがむずかしいだけでなく、話しかけられても味気ない返事しかできないこともあります。

 今日話さなくてもまたスモールトークの機会はあるだろうとか、とりあえず相手に合わせておけばよいだろうと、自分を甘やかしてしまうこともあるものです。

 こういった姿勢でいると、いつまでもスモールトークは上達しません。この悪循環を破るには、とにかく「もう一言、何か付け足して言ってみる」、また「もう一言ツッコミを入れる」ということを習慣にすることです。

 ここでも、こんなことを言ったらつまらないのではとか、聞いても役に立たないと勝手に思わないことです。

 思い切って話してみると、意外な共通点が見つかったり、話題が広がって、良い方向でアイスブレイクするものです。

 以下、アイスブレイクの会話で、味気なく終わってしまうダメな例とイマイチ盛り上がりに欠ける例、ちょっとしたコメントを付け足すことで、盛り上がる例です。