今や街中でもオフィスでも、どこでも外国人がいることが当たり前の時代になりました。そして、2020年は東京オリンピックが開催されます。来年は、さらにいっそうまわりで外国人を見かける機会が増えそうです。でも、英語に自信のある方はいいですが、いきなり街中で外国人から話しかけられたりしたら、ドキマギしてうまく対応できないという方も、少なくないはずです。そんな英会話初心者の方に、ぜひ、おすすめしたいのが、『だれとでも会話がとぎれない! 1分間ぺラペラ英会話』(小林真美著、ダイヤモンド社、11月28日発売)です。本連載では、同書の中から抜粋して、英語に苦手意識のあるヒビギナーの方に向けて、英会話上達のポイントをお伝えしていきます。

Photo: Adobe Stock

自分だけではなく、
相手にも気持ちよく話してもらうバランスが大切

 何気ない話題でスタートするスモールトークは、相手の返答から次の会話につなげる質問をして、共通する話題を広げていけばどんどん盛り上がります。

 会話のキャッチボールをうまく進めるためには、次に何を言うかばかりを一生懸命考えるのではなく、目の前の相手が話していることをしっかり聞くことが大事です。

 ノンネイティブの私たちが英語で会話する場合、ついつい次に何をどう表現しようかと、自分の発言に意識がいきがちです。会話を続けるのが大事だと頑張り過ぎて、よく相手の話を理解せず、矢継ぎ早に準備してきた質問を投げてしまうなんてことも。

 会話が始まったら肩の力を抜いてリラックスです。今相手が話している内容に集中しましょう。

 これは言うは易く行うは難しなのですが、世界には目の前の相手と自分しかいないくらいの想いで、相手の話していることを全身全霊で聞いてみましょう。

 相手の話をしっかり聞いていると、良いタイミングで適切なあいづちをうったり、的を射た質問をはさむことが、少しずつできるようになっていきますよ。

 人は自分が話していることを熱心に聞いてもらうのは嬉しいものです。一生懸命聞く姿勢は、相手にも好意的に映ります。

 また、この人とスモールトークをしても何も得るのはなさそうとか、つまらないんじゃないかという発想も一旦は引っ込めましょう。

 目の前にいるスモールトークの相手は自分が経験したことがない様々な経験を持つ人です。たわいのない話題から始まったスモールトークから、新たな学びがあるかもしれませんし、思いがけないネットワークの広がりがあるかもしれません。

 相手の話に興味を持てそうもないと感じた場合も、一度は先入観を捨てて、話を聞いてみましょう。異なる物の見方や視点に触れることで世界が広まり、新しいアイデアを発見する機会になるかもしれません。

 リアルな会話はネットの世界にはない、貴重な生きた情報に触れる機会でもあります。スモールトークの何気ない話題から広がる会話を、自己成長のチャンスと考えて楽しみましょう。

 いろいろなことに興味を持って、異文化コミュニケーションを楽しむ姿勢が、スモールトーク上達の秘訣の一つです。