少し前に「老後2000万円問題」が話題になった通り、「お金」の問題について、なんとかしたいと思っている人は多い。しかし一方で、「投資はわからない」「むずかしそう」「だまされたくない」と思って、投資への一歩を踏み出せない人も、まだまだ少なくない。日本で投資が一般的にならない理由としては、これまで日本の金融機関が顧客の運用の成功よりも自社の利益を優先するという姿勢をとってきたことも大きく影響しているだろう。
それでも、2019年現在、投資信託はだいぶコストの安い良い商品が出てきたが、「ラップ口座」「外貨建て保険」「高利回り債券」「バランス型ファンド」「期間限定の好利回り定期」など、買うだけで損してしまう可能性のある金融商品は、まだ数多く存在する。では、どうすればそうしたあぶない商品に引っかからず、手堅く着実に資産を増やせるのか? そんなあなたにおすすめしたいのが、『お金を増やすなら この1本から始めなさい』(安東隆司著、ダイヤモンド社、12月5日発売)だ。著者の安東氏の肩書は、RIA(アール・アイ・エー、投資助言業者)という聞きなれないものだが、これはアメリカで個人投資家が拡大する担い手になった新しい資格。日本では内閣総理大臣登録を受けた者だけが名乗れるもの。商品販売や売買手数料のキックバックを一切受け取らず、顧客の運用の成功により報酬が増えるという中立的な立場のお金のプロだ。本連載では、同書より抜粋して、世の中に出回る金融商品のワナ、そして、どうすればそうした商品にダマされずに資産運用ができるのかのヒントを提示する。世界基準の運用を知る「運用のプロ」が教える方法とは?

Photo: Adobe Stock

ハイイールド=「投資不適格」

安東隆司(あんどう・りゅうじ)
RIA JAPAN おカネ学株式会社 代表取締役 CFP、日経CNBCなどTVコメンテーター、海外ETF専門家、立教セカンドステージ大学講師
三菱UFJ銀行で17年、三菱UFJメリルリンチPB証券(出向)、ソシエテ・ジェネラル信託銀行勤務という、メガバンク、外資系証券・信託銀行で約26年の勤務を経験。その後半はプライベートバンカーを務め金融商品の運用について熟知。販売手数料(コミッション)を目的にしない、世界的潮流である「預かり資産管理」(フィーベース)のビジネス(RIA)を行う、独立系・投資助言業(内閣総理大臣登録)を2015年立ち上げる。著書に『個人型確定拠出年金iDeCoプロの運用教えてあげる!』(秀和システム)など。WEBサイトhttps://ria-japan.co.jp/

 一時期、海外の高利回りの債券に投資して、高い分配金を受け取れると人気になった債券の投資信託にハイイールドがありました。

 ハイイールド(高配当)、と聞くと魅力的に思えますが、まずはその前に債券についてご説明します。

 ひとことでいえば、「債券」は、借金の借用書です。

 国の借金の借用書であれば「国債」、会社の借金の借用書であれば「社債」となるわけです。債券が株式に比べて、リスクが低いと言われる理由は何でしょうか?

 それは、まずひとつは「満期になれば元本が返ってくる」ということです。例えば、10年の期間の債券であれば、10年後の満期日には、元本が返ってくるのです。

 債券を持つということは、投資家はお金を貸したということになり、その借金の期限には、借り手はその元本を返す必要があるのです。

 もうひとつの理由は「定期的に利息(クーポン)を受け取ることができる」ということです。

 債券は借金の借用書ですから、借り手は借りたお金に対して利子を払わなければなりません。借り手は「利子」を払い、貸し手は「利息」を受け取るのです。これが払われないと借り手はブラックリスト行きです。信用を失い、しばらくは借金をすることができない状態になることも考えられます。

 これに対して、株式では「配当」を投資家に払う場合があります。株式の配当は会社の業績が悪い時には払わないという選択肢が可能。大きな会社でも配当額を下げたり、そもそも、最初から配当を支払わないずっと「無配」の会社もあるくらいです。

 したがって「債券の利子は、株式の配当より払われる順位が高い」ので「債券の方が、株式に比べて(一般的に)リスクが低い」ということになるのです。

 もちろん、債券にも様々なリスクがあります。

 ・金利変動リスク(金利が上昇すると、債券の価格が下がる)
 ・信用リスク(デフォルトで元本が戻ってこないことも)
 ・流動性リスク(換金のしやすさに欠ける)
 ・為替変動リスク(為替水準で元本割れも)
 ・価格変動リスク(満期まで持たずに中途で売却する時などは時価が変化している)