「人生100年時代」と言われる今。ひと昔まえは、おばあさんと言われていた60歳が、美容をはじめ様々な技術の進歩で、ものすごく若くなっています。これまでの上の世代は、正直参考にならない。では、今をどんな風に生きて、どんな風に楽しめばいいのだろう?そこで、同世代女性永遠の憧れモデルである黒田知永子さん(現在58歳)と、『服を買うなら、捨てなさい』でお馴染みのスタイリスト地曳いく子さん(現在60歳)に、『おしゃれ自由宣言!』の中から、今のアラカン(60歳)のための、あたらしいおしゃれと暮らしについてお話しを伺いました。考え方は似ているのに、仕上がりは全然違う二人。他では見られない私服や自宅写真も必見です!

フリッとしたブラウスに目がありません

photo by 前田晃(MAETTICO)

基本的にシンプルな洋服が多いですね」とか、「マニッシュな印象ですね」と言われることが多々あります。

それは確かに事実で、シンプルでマニッシュというのが私のスタイルを代表するイメージだと思います。でも、実は私、可愛いものも大好きなんです。

花柄やレースは少女の頃からずっと好き。これはもうやっぱり本能ですね。その可愛いもの好きを象徴するアイテムが、「フリッとした」ブラウス。どこかにひらひらとフリルがついていたり、リボンタイが優雅に揺れたり、王子様みたいにフリフリッと襟が立っていたり。

でも、もう立派な大人であるこの年齢の人が、好きだからといって可愛いものを全身で着てしまうのは、やっぱりちょっと違いますよね。
だから可愛いものはひとつだけ! 

シンプル、マニッシュなアイテムと組み合わせることで、ちょうどいいさじ加減の甘さが演出できるように思います。そういう意味で、私のワードローブで大好きな可愛いものを実感しやすいのが、この「フリッとした」ブラウス。男っぽいパンツやごつめのブーツなどと組み合わせて、そのギャップを楽しんでいます。

Photo by 木村慎(HERITIER)

大好きな可愛いものたち。私ももう立派な大人ですから(笑)、可愛いものは、化粧ポーチや小物入れ、ハンカチ、扇子などなど、決して主役にならない小物で、さりげなく取り入れるように心がけています。