もう一つは学習面でスピードを上げる仕組みをつくること。花まる学習会の教材で「サボテン」(計算)、「あさがお」(名文の書き写し)というものがありますが、これは時間を決め一日1ページ行うものです。読めるギリギリの字でいいから、スピード感を持ってやることを一つの目的としています。

 実は、学校のシステムではスピードをあまり重視していません。字を書くにしても、「ていねいに」「とめ、はね、はらい」を指導するだけです。それも大事なのは確かなのですが、同時にスピード感も重要です。

 実際、自分の人生を決める入試では時間が限られていて、決められた時間の中で、力を出しきることが求められます。今の教育には、スピード感が欠けているのです。そしてこれは、お母さんの苦手項目でもあります。

 宿題をダラダラやっているということは、おそらく食べるときも着替えるときも遅いのではないでしょうか。そういう場合は生活から勉強から、いろいろなもののスピードを上げないといけません。お母さんの声かけだけではもはや無理で、できれば塾や習い事、部活の先生など、外で関わる人にもサポートしてもらったほうがいいでしょう。

「学校の宿題を早く終わらせたいときに、どう声かけをしたらいいのでしょう」と“技術”を知りたがるお母さんが多いのですが、技術ではありません。生活をまず見返してみてください。そこにテキパキ感、スピード感をつけていくことで変わっていくのです。

 宿題につき合うのはいいですが、必要以上に手を出したり、キレて「何やってるの、こんなのもできないの?」などとNGワードを連発してしまったりするくらいなら、お母さんは関わらないほうがいいでしょう。「自分のことは自分でやる」のも大事なことです。それよりも、日常生活全体のスピードを上げることに意識を向けてみてください。

高学年になったら、勉強を見るのは母親以外がよい

 高学年になったら親は勉強に口出ししないでください。とくに苦手な子が多い算数の文章題はやめたほうがいいでしょう。