「親が子を認めてあげるって、言葉で言うのは簡単なんですが、すごく時間がかかるし、本来の自分を変えないとできない。すごく苦しいと思うけど、自分の情けないところ、ダメなところに向き合って、変える努力をしていきましょう」

地獄のような現場で苦しむ
「引きこもり」の親たちへのエール

 もちろん、何度も指摘してきた通り、「引きこもり」状態の背景は一人ひとり違うため、同じように対応しても、A子さんの子どものようになるとは限らない。ただA子さんが体感してきた経験は、「引きこもり」という状態を考えるうえでも示唆に富んでいる。

 A子さんは、今も「地獄のような現場で」苦しんでいる親たちを応援していきたいという。

※この記事や引きこもり問題に関する情報や感想をお持ちの方、また、「こういうきっかけが欲しい」「こういう情報を知りたい」「こんなことを取材してほしい」といったリクエストがあれば、下記までお寄せください。

Otonahiki@gmail.com(送信の際は「@」を半角の「@」に変換してお送りください)

 なお、毎日、当事者の方を中心に数多くのメールを頂いています。本業の合間に返信させていただくことが難しい状況になっておりますが、メールにはすべて目を通させていただいています。また、いきなり記事の感想を書かれる方もいらっしゃるのですが、どの記事を読んでの感想なのか、タイトルも明記してくださると助かります。