「麻布→東大卒」でありながら「プロゲーマー」という経歴が、世間の話題となったときどさん。しかし順風満帆だった彼のプロゲーマー人生は、ゲーマー20年目の2013年ごろに壁にぶつかった。格闘ゲームのeスポーツ化による環境の変化によって、全く勝てなくなったのだ。
2冊目の著書『世界一のプロゲーマーがやっている 努力2.0』では、そのV字回復の軌跡を紹介しながら、ときどさんが毎日やっている「努力のやり方」を紹介している。「圧倒的に変化が激しい」eスポーツの世界で戦うために、必要なこととは何か。ビジネスマンにも役立つエッセンスを語ってもらった。

Photo: Adobe Stock

僕が大学院進学で大失敗した理由

 僕が『世界一のプロゲーマーがやっている 努力2.0』でお伝えしていることは努力の方法=「How」どのようにやるかについてですが、その前に、必ず考えておくべきことがあります。「Why」なぜ努力するのか、です。僕の場合でいえば「なぜゲームなのか」。大前提としてこの問いに納得した答えが出ていないと、その後が絶対に辛くなります。

 自分がやろうとしていることを、納得して受け入れる。これは成果を目的にしているかどうかにかかわらず大切です。別の言葉で表すなら「違和感があるならやらない」ともいえます。
「何だか気が進まないなあ」。少しでもそう感じたら、一度立ち止まってみることをおすすめします。
気が進まないのは、言葉にはできなくても、何らかの良くない予感があるからです。そのような予感があるのなら、始める前に理由まできちんと考えること。自分の考えがまとまらないうちに、ただ何となく身を投じるのは危険です。僕はそれで大失敗しました。