2019年度9月期決算の売上高は過去最高、営業利益も増益となり成長を続ける株式会社サイバーエージェント。同社は「はたらきがいのある会社」としても注目度が高まっている人気企業だ。社員クチコミサイト「オープンワーク」のデータでは総合ランキング24位に食い込み、「職場の風通しの良さ」のスコアも2400社中46位にランクインしている。
過去には、3年連続離職率30%の暗黒時代もあった同社が変化したのはなぜなのか? CHRO(最高人事責任者)の曽山哲人氏に、『OPENNESS  職場の「空気」が結果を決める』の著者・北野唯我氏が組織づくりのポリシーを聞いた。(構成/樺山美夏)

社員から「上司に秘密で」意見を上げてもらう

北野唯我(以下、北野) 僕の著書『OPENNESS  職場の「空気」が結果を決める』にも詳しく書いたのですが、職場の風通しの良さが企業の業績に影響を与えることがデータでわかっています。風通しを良くするためには、「経営開放性、情報開放性、自己開示性」の3つの要素が必要なのですが、曽山さんが特に重視していることはありますか?

曽山哲人(以下、曽山) 一番重要なのは「自己開示性」、つまり社員が意思表明をしやすくすることです。そのため、当社では社員1人ひとりの声を聞く取り組みをしていて、一番力を入れているのが「GEPPO(ゲッポウ)」というシステムです。「GEPPO(ゲッポウ)」は、月に1回行っているオンラインのアンケート。社員に、毎月3つの質問に答えてもらい、それが人事担当者や経営陣に直接伝わります。

質問のうち2つは、
・先月のあなたの成果はどうでしたか?
・チームのパフォーマンスはどうですか?
新聞にある産業天気図のように「快晴」から「大雨」まで5段階の答えを聞きます。

3つ目の質問は毎回変えていて「あなたのチャレンジ度合いを天気で答えてください」、「あなたの目標は明確ですか」「あなたのチャレンジ度合いを教えてください」など、会社が重視しているものや大事にしている価値観についてタイムリーに聞くようにしています。
たとえば上記のチャレンジ度合いに関する質問では、当社では「晴れ」グループがだいたい7割を超えるんですね。

北野 7割は高いですね!

曽山 一方で、「あなたのチームの業務の配分はどうですか?」と聞くと「晴れ」の割合が55〜60%くらいに減って、「曇り」が増えるんです。こうしたデータを分析すると、「新規事業が多いこともあり新しい業務フローが生まれやすい。だからこそ業務配分には常に改善の余地がある」といったことが定量的に見えてくるんですね。

アンケートにはフリーコメントを書くスペースもあるので、毎月社員4000人のうち500人から1000人くらいは何かしら書いてくれます。「MVPを獲りました!」といったアピールもあるし、「キャリアのことでちょっと悩んでいるから相談させてほしい」とか、「新しい人事制度のここは直したほうがいい」とか、現場のリアルな声が出てきます。そこまで透明性高く書いてくれるのは、直属の上司には見せないというルールがあるからなんですね。見るのは、人事の社内ヘッドハンターチームと役員だけです。