少額から始める個人投資家にとって、
おすすめの投資は「FX」でも「仮想通貨」でも「投資信託」でもない。
「小型株集中投資」が一番である。

ほとんどの人は、こう思っているのではないか?

「集中投資は高リスクで危険」「分散投資は低リスクで安全」
「無名企業の小型株は不安定で損する」「有名企業の大型株は安定して儲かる」

こんな常識は、実際のところ非常識、大間違いなのである。

分散投資が有効なのは、億単位の資産家のこと。
手元資金が限られる個人投資家が同じことをしても、お金はたいして増えない。

実は小型株集中投資こそ、低リスク&高リターン。究極の投資法なのだ。

これは大学生のときに知識ゼロから投資を始め、さまざまな失敗を経験しつつも、大きな資産を築いた『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の著者がたどり着いた“投資スタイルの結論”。

基本的な戦略は、1年以内に株価3倍以上になる「小型株」を見つけて、1銘柄に集中投資すること。
ふつうの会社員でも、抑え気味のシミュレーションでも、10年あれば1億円貯まる。

著者は大学卒業後、ベンチャー企業に勤めたものの、小型株集中投資で得た資金をもとに26歳で早々に独立。
1年の半分は国内外を旅行しながら投資をして、悠々自適に自由を謳歌している。

その投資経験をベースに、経営者、上場企業役員、医者、弁護士、ビジネスパーソンなど、これまで1200人以上の個人投資家を指導し「勝てる投資家」を数多く輩出。
噂を聞きつけた資産家から「10億円を預けるから資産運用して欲しい」と頼まれたこともあるが外部運用はすべて断り、自己資金のみで運用している。

最大年間利まわり+600%、1銘柄の最大投資益+1200%など、1銘柄だけでも億単位のリターンを達成している著者が、自らの投資手法を初公開する。

Photo: Adobe Stock

小型株集中投資の3つのメリット

 もちろん、「本業で十分稼いでいるから、投資はソコソコでいい」というのであれば、毎月定額でETF(上場投資信託)に投資して、そのまま成り行きに任せるというのも1つの投資戦略ではあります。

 しかし、投資にまわせるお金が限られる個人が、投資で大きなリターンを目指すのであれば、投資信託で運用するという選択肢はありえません。

 大きな資産を築くのであれば、1日に何度も売買をくり返して利ざやを稼ぐ「トレード」という選択肢もあるにはあります。

 投資信託に比べれば大きな資産を築ける可能性はありますが、トレードは片手間でできるものではありません。

 資金を投じている間はPCモニターの前にはりついて、株価チャートの向こう側にいる投資家の心理を読み、目先の需給、大口の動き、世界情勢、新しい情報などを瞬時につかみ、わずかな値動きを敏感に察知して売買をくり返すのがトレードです。

 専業トレーダーになる覚悟があるならともかく、本業のある個人投資家にはおすすめしません。

 前述したように、私はこの基本を疎かにして寝落ちしてしまい、一晩で800万円も失ったことがあります。

 毎日何時間もPCモニターにへばりつき、自分の時間とお金を交換する作業から抜けられない人生は私にとって苦痛です。

 私は「お金と時間から自由になるために投資をする」と考えていますから、お金を稼ぐために自分の時間が拘束されてしまうトレードをするのは本末転倒なのです。

 このことに気づいてからは、トレードを一切やらないことに決めました。

 トレード以外にもさまざまな投資をやって失敗をくり返してきたのですが、個人が少額投資からはじめて大きな資産を築くには、小型株集中投資がいちばん効率的だという結論に至ったのです!

<次回へ続く>