少額から始める個人投資家にとって、
おすすめの投資は「FX」でも「仮想通貨」でも「投資信託」でもない。
「小型株集中投資」が一番である。

ほとんどの人は、こう思っているのではないか?

「集中投資は高リスクで危険」 「分散投資は低リスクで安全」
「無名企業の小型株は不安定で損する」 「有名企業の大型株は安定して儲かる」

こんな常識は、実際のところ非常識、大間違いなのである。

分散投資が有効なのは、億単位の資産家のこと。
手元資金が限られる個人投資家が同じことをしても、お金はたいして増えない。

実は小型株集中投資こそ、低リスク&高リターン。究極の投資法なのだ。

これは大学生のときに知識ゼロから投資を始め、さまざまな失敗を経験しつつも、大きな資産を築いた『10万円から始める! 小型株集中投資で1億円』の著者がたどり着いた“投資スタイルの結論”。

基本的な戦略は、1年以内に株価3倍以上になる「小型株」を見つけて、1銘柄に集中投資すること。
ふつうの会社員でも、抑え気味のシミュレーションでも、10年あれば1億円貯まる。

著者は大学卒業後、ベンチャー企業に勤めたものの、小型株集中投資で得た資金をもとに26歳で早々に独立。
1年の半分は国内外を旅行しながら投資をして、悠々自適に自由を謳歌している。

その投資経験をベースに、経営者、上場企業役員、医者、弁護士、ビジネスパーソンなど、これまで1200人以上の個人投資家を指導し「勝てる投資家」を数多く輩出。
噂を聞きつけた資産家から「10億円を預けるから資産運用して欲しい」と頼まれたこともあるが外部運用はすべて断り、自己資金のみで運用している。

最大年間利まわり+600%、1銘柄の最大投資益+1200%など、1銘柄だけでも億単位のリターンを達成している著者が、自らの投資手法を初公開する。

Photo: Adobe Stock

明確な理由もなくテキトーに
売り買いしていませんか?

 日本の個人投資家の8割は負けているといわれます。

 私はこれまで1200人を超える個人投資家に投資を教えてきましたが、その経験からしても、やはり8割くらいは負けており、勝っている人は全体の2割くらいという印象です。

 それにしても、なぜそんなにも多くの人が負けているのでしょうか?

 その答えはシンプルです。

 個人投資家の多くが、明確な投資戦略を持たず、テキトーに投資をしているからです。

 株式投資の基本は、有望な銘柄を「みつける → 買う → 売る」という3つのステップに凝縮されます。

 この3つのステップがうまくかみ合わさったとき、はじめて投資で大きなリターンを得ることができます。

 多くの人は、投資先をみつけるときも、買うときも、売るときも、テキトーに決めているから負けるのです。

 ほとんどの個人投資家は、投資先の決算資料もみずに投資先を決めているのではないでしょうか?

 高額な家電や自動車を買うときは、いろんな商品の価格や性能をネットで検索したり、店頭で実際に商品をチェックしたりして、きちんと検討してから買うのが普通だと思います。

 ところが投資となると、たいして調べもせず、なんとなくの感覚で買ったり、「マネー誌の特集で推奨銘柄に挙げられていたから」「有名投資家の○○さんがすすめていたから」といった他人任せの理由で投資先を決めている人がとても多いです。

自分で調べもせず、ラクをして他人の意見に便乗して投資をしている多くの個人投資家が、数年で資産の大部分を失い市場から退場しているのです。

 そんなテキトーな投資を続けていても資産は目減りする一方ですから、いますぐ投資なんてやめたほうがいいと思います。

<次回へ続く>