早期退職は可能か?
53歳で退職しても老後は安泰

 Wさんのご相談に「何歳まで働けば大丈夫でしょうか」とあることから、早期退職を希望されているのではないか、と感じました。現在、51歳なのでもし2年後の53歳で早期退職するとして改めて試算してみましょう。

 現在の手取り収入は685万円、年間支出は252万円ですから、年間収支は433万円の黒字になります。旅行などの一時的な費用(支出)の記載がないので、その費用を30万円強計上して、黒字額のうち400万円を貯蓄するとすれば、53歳までの2年間で800万円の金融資産が増えることになります。

 あと2年働けば退職金も増えると考えられますが、ここでは800万円のままで、またご両親へ仕送りは最も多い月7万円で試算を続けます。甘めの金額で試算をしてしまうと、突発的な事象などに対応できないことがあるからです。

 そこで計算をすると、7万円仕送りをし続けた場合の残額5388万円に、2年間の貯蓄額800万円を加えた6188万円が、Wさんが早期退職した後に使うことができる金融資産になります。

 現時点での年間の支出額は252万円となっていますが、早期退職した場合にはこの金額に国民年金保険料と国民健康保険料が加わります。これらの保険料と余暇費用を少し加え、年間の支出額は300万円としましょう。

 53歳で早期退職、その後は働かなかったとすれば、65歳までの12年間で3600万円を金融資産から取り崩して生活することになります。53歳時点の金融資産額6188万円から3600万円を差し引くと2588万円が65歳時点で残っている金融資産額になります。