高齢親の年金
高齢の親の年金は、いつまでもあてにすることはできません Photo:PIXTA

 親が高齢になると不安に思うのが、親の介護や自分の老後資金です。親が亡くなれば、親の年金収入がなくなりますし、自分自身も役職定年や定年を迎えると収入が大きく減少する方が少なくありません。

 今回ご相談をいただいたのは、80代の両親と同居する55歳の独身女性。現在の勤務先からの給与だけではこれからの生活が厳しくなるとの見通しから、将来へ向けてどう資産形成をしたらいいのか、というご相談です。

80代の両親と同居、住宅ローンあり
55歳独身で老後の生活は大丈夫か

【相談内容】
<相談者の家族構成と年齢>
Aさん(ご本人・娘)55歳
父(86歳)
母(80歳)

<世帯収入>
父 年金 2ヵ月に1回 32万円
母 年金 2ヵ月に1回 14万円
Aさん 月収 手取り 23万円

<月間支出>
住宅ローン 16万円 (Aさんが支払い)
通信費 3人で4万円前後( Aさん1万7000円、母1万7000円支払い)
食費 12万円+ 外食(Aさん8000円/週)×4週=3万2000円)
ライフライン(電気1万5000円、ガス4000円 、水道4000円)

<貯蓄>
ゼロ

<投資額>
自社株 2万円

<お悩み>
 これから、現在から未来に向けて、どうしたら良いのか?給与だけでは、生活が難しくなる。副業をする事も考えたが、その場合には、どのくらいの予想収益が必要か判らない。いくら不足となるか、その手立てをご教授下さい。よろしくお願い申し上げます。

 現状は、私の手元には、毎月1、2万円がフリーとして残るはずだが、風邪を引くと3~4000円がなくなる。 住宅ローンは75歳まで続くが、会社は60歳定年である(65歳までは、人事考課が高い人だけ)。55歳から、年収として50万円前後下がっていくので、上がる事はない。(原文ママ)