米グーグルの親会社アルファベットが3日発表した2019年10-12月期(第4四半期)決算は、売上高が460億8000万ドルとなり、ファクトセットがまとめたアナリスト予想の469億3000万ドルに届かなかった。  ただ、動画共有サイトのユーチューブやクラウドコンピューティングなど、検索以外の一部事業の業績を初めて公表した。    営業利益は93億ドルで、コンセンサス予想の99億ドルを下回った。営業利益が予想に届かなかったのは、過去10四半期で9回目。  ユーチューブ部門とクラウド部門の業績を公表したのは想定外だった。