お金を扱うために大事なのは
淡々と部分売却できる合理性

 元の生活防衛資金の問題に戻ると、生活防衛資金の規模は、運用対象の換金に関する流動性と支出の変動の大きさ、そして、時々の価格にこだわらずに一部解約できる自分の合理性(性格?)を考えて決めたらいいと思う。ローンを利用する状況に陥るような額では拙いが、さりとて、資産を形成する上では、早くからリスク資産に投資することが有効な場合が多い。

 何はともあれ、お金を合理的に扱うためには、淡々と一部解約できる合理性が特に大事だと再度強調しておく。

 この点に合理性がないばかりに、若い頃には資産形成が遅れ、高齢になってからは分配金で釣る手数料の高い他分配商品に引っかかるのでは、何とも残念ではないか。