人気番組TBS「モニタリング」でも話題沸騰! 大人の激変メイクの救世主として、予約7ヵ月待ちのマンツーマン美容コーチング+ヘアメイクレッスン「ビューティチェンジ」を主催する姉妹ユニット・山口直美さん(姉・ヘアメイクアップアーティスト)とeriさん(妹・メンタルコーチ)。彼女たちの話題の著書『激変!ビフォア・アフター-今のあなたを最も美しく魅せるヘアとメイクの法則』の中から、40代以降の女性の若見えに効果が高いテクをご紹介。また、本の中では紹介できなかった、登場者のビフォア・アフター動画もお見せします。

まずは長所を活かすことを考える

写真左:自分メイクのビフォア。髪がペタンとしてボリュームがなく、肌のくすみも気になる。写真右:ビューティ・チェンジ後のヘア&メイク。華やかさのあるフェミニンメイクでマイナス5歳!

 今回の登場者、Fさんのお悩みは、ほうれい線が気になってきた、肌のくすみが気になる、目ヂカラがない、髪がペタンとしてボリュームがない、など。アラフォー以降の女性では大変、よくあるお悩みです。

まず、Fさんの長所として活かしたかったのはアッシュブラウンの瞳。瞳の色の美しさを際立せるため、涙袋に光をプラスし、柔らかい印象の目元にしました。また目の下には逆ハの字のハイライトを入れ黒目の印象をはっきりとさせることで目ヂカラをアップ。アイシャドウは、色白の肌を活かすため、肌になじみやすいピンクブラウンに。

お悩みには髪型チェンジとコントロールカラーで対応

 髪がペタンとするというお悩みには、ヘアスタイルを耳の横にボリュームが出るひし形シルエットに変えることで対応。また、自然に分かれる分け目とは反対に流して毛の流れを逆らわせることで、髪をふんわりとさせているのもポイントです。前髪は透けバングにして動きを出しています。これだけでも、華やかさが出て、マイナス5歳見えくらいの効果があります。

 さらに、肌作りのポイントとなっているのが、コントロールカラーのW使いです。くすみをとって肌色補正の効果があるラベンダー色のコントロールカラーと、艶が出るタイプのコントロールカラーの2種類をミックスし、気になるくすみ肌の透明度をあげています。このように、コントロールカラーのW使いで肌を底上げすることにより、ファンデーションはほんの少しですみ、フレッシュで若々しい印象が出せるのです。

動画から伝わる表情の違い

 さて、冒頭でご覧いただいたFさんのビフォア・アフターを動画で撮ったものが下記です。もちろんヘアやメイクも変わっていますが、それ以上にご本人の表情が、とても明るく自信に満ちてキラキラし、相乗効果で美しさが倍増しているのがわかると思います。

 ビューティチェンジメイクは、「なりたい自分」や「今のお悩み」をコーチングで引き出し、それによりそったメイクをすることで、チェンジ後の満足度が大きく、それが自信につながって皆さんの表情が激変することで、単なるヘア・メイクチェンジ以上の効果が出せるのです。

 本書では、セルフワークで「なりたい自分」を見つける方法や、激変メイクのテクニックも詳しく紹介しています。ぜひ、チャレンジしてみてください。