“バンドで言えばヴォーカルでもリードギターでもない。
おでん鍋のベースマン!それがちくわぶ!
主役ではないが欠くことのできない重鎮。
そんな下町のB級ソウルフード、ちくわぶに栄光あれ!”

 力が入りすぎていて怖い…。けど、吸い込まれるように本を手に取ってしまった。巻頭には、ツッコミどころ満載のちくわぶを使った料理の写真が。ちくわぶ料理、おでんだけではないらしい。ちょっと小さいが、いろいろなちくわぶ料理の写真(写真:渡邉博海氏)とキャプションを紹介しよう。ちなみに、レシピは丸山さんの『I LOVE ちくわぶキッチン』でも見られます。興味のある方はお試しあれ。

ツッコミどころ満載の
ちくわぶを使った料理

カヌレ
「フランス語では、ティックワヴゥといいます」

 3.7秒くらいの間とはいえ、そうか、フランスにもちくわぶに似たような食材があって、ティックワヴゥというのかと思った自分が恥ずかしい。ちくわぶをフランス語風に書くな!しかし、ちくわぶをカヌレにするという発想力はすごい。形がちょっと似てる以外の共通点が思い浮かばない。

ちくわぶのカヌレ

写真:渡邉博海 拡大画像表示

生ハムピンチョス
「だれもちくわぶが入っているとは思うまい」

 はい、思いません。
 ちくわぶ生ハムピンチョスのキャプションだ。それならわざわざ入れんでもええやろ、と思うのはわたしだけではなかろう。なんといっても、無理に入れない方が美味しいような気がする。

ピンチョス

写真:渡邉博海 拡大画像表示

ちくわぶカツ丼
「炭水化物オン炭水化物ですが、なにか?」

 なにか、って、からだに悪いやろ。
 まさかの、ちくわぶカツ丼。カツ丼やから、炭水化物のうえに油も使ってるし。とはいえ、一見したら美味しそうな気がしてしまうのが恐ろしい。

ちくわぶカツ丼

写真:渡邉博海 拡大画像表示