米大統領選の民主党指名候補争いに出馬しているマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長は、個人のソーシャルメディアアカウントに定期的に投稿したり、友人にテキストメッセージを送ったりする運動員をカリフォルニア州で数百人採用している。  多額の費用が掛かるとみられるこうした活動は、3月3日のカリフォルニア州予備選を前に開始し、その後、全米で展開する可能性がある。事情に詳しい関係者の話や、ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が確認した資料で明らかになった。