意外にも同僚からのモラハラも多いようです
意外にも同僚からのモラハラも多いようです(写真はイメージです) Photo:PIXTA

モラルに反した嫌がらせを意味する「モラルハラスメント(モラハラ)」。職場の同僚から受けることも多く、中には気付かぬうちに被害を生んでいることもある。そんな「モラハラ同僚」の存在について、エピソードを募った。(取材・文/フリーライター 有井太郎)

知らないうちに
モラハラしていることも

 セクハラやパワハラなど、ハラスメント行為として問題にされるものは多い。そんな中、最近は「モラハラ(モラルハラスメント)」の被害を訴える声もよく聞かれる。

 モラハラとは、モラルに反した嫌がらせのこと。「いじめ」なども、それに当たるといえよう。そして、モラハラは職場で横行しているケースが多い。

 職場といえば、パワハラに悩む人もいるだろう。モラハラとパワハラの違いは、仕事上の立場を利用しているか否か。パワハラは、地位や取引上の関係を利用して、優位な立場の者が精神的・身体的な苦痛を与えることである。

 一方、モラハラはそういった関係性なく行われるものといえる。

 関係性が利用されないからこそ、職場で起こるモラハラは上司や取引相手というより、同僚から行われているケースが多々ある。また、モラハラを行った相手が気付いていないことも少なくない。知らぬ間にモラハラが発生している可能性もあるのだ。もちろん、意図的にモラハラをしているケースもある。