新型コロナウイルス感染拡大を巡る懸念を利用し、ハッカーなど犯罪者が自分たちが埋め込んだ「ウイルス」に感染させようとしている。  コロナウイルス流行について言及した取引先や公共機関を装った偽の電子メールを送りつけ、マルウエアを仕込んだメッセージを開封させようとしている。  サイバーセキュリティー会社プルーフポイントによると、1月末以降、コロナウイルスについて言及した悪意のある電子メールの数が急増している。同社では最近、アナリストにコロナウイルスの脅威を追跡する仕事を任せた。