トヨタ・ライズZ
トヨタ・ライズZ ライズはダイハツの新世代クルマ作り技術DNGAを全面採用 メカニズムはロッキーと共通 全車1リットル直3ターボ(98ps)搭載 駆動方式はFFと4WDを設定 価格:CVT 228万2200円 Photo by Akihiko Kokubo

ダイハツ・ロッキーの兄弟車
“これぞ真のコンパクトSUV”

 コンパクトを自称するSUVは数多いものの、クルマのサイズ感を全長で表現する欧米のモデルには、全長は短いものの全幅が1900mmに達するモデルもある。

 そんな中にあって、“これぞ真のコンパクト!”と紹介したくなるニューモデルが、ダイハツ・ロッキーとトヨタ・ライズだ。2019年11月にデビューした兄弟車である。両車は、ダイハツが開発と生産を担当。ライズは、ダイハツがトヨタに対してOEM供給するフレッシュSUVだ。

 全長×全幅×全高3995×1695×1620mmのボディサイズは、日本固有の規格、5ナンバー枠に収まる。狭い道路でも駐車時でも持て余さない、“普段使い”にぴったりの大きさである。