2月19日午後、アンドレア・ポンティッジアさん(55)はイタリアのベルガモから、生涯忘れられないサッカーの試合を観戦するため競技場に向かっていた。4万人のファンたちとともに。  その時点で国内の新型コロナウイルス感染者はほとんど確認されておらず、そのことが彼らの脳裏をよぎることもなかった。  まるで地元市民全員がサッカー観戦に向かっているようだった。ベルガモの地元プロサッカーチーム、アタランタを応援し続けて48年。ポンティッジアさんもベルガモも、全く目にしたことのない光景だった。