スパイ活動にコロナの陰
Photo:Reuters

 【ワシントン】米国のスパイ機関はすでに外国の選挙干渉や北朝鮮の核兵器開発をめぐる困難な任務に携わり、時として米大統領が自分たちの仕事を顧みないという目にも遭っている。そこに新型コロナウイルスという新たな障害が持ち上がった。

 中央情報局(CIA)や国家安全保障局(NSA)といった主要な情報機関では、通信傍受を担当する数千人の職員がこのところ時差シフトを組んでいる。また、週替わりで最大半分の職員は自宅に留まり、残りの半分は仕事場に顔を出している。現旧の情報当局者が明かした。

 大半の政府機関はホワイトハウスの指示に従い、リモートワークが可能な全職員を対象に「最大限の柔軟なテレワーク」を認めている。だが情報当局の場合、ひと握りの最上級幹部は別として、職員には通常、自宅から機密情報にアクセスし、分析する権限が与えられていない。