中国当局は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)を引き起こした可能性がある野生動物の国内取引を禁じる一方、輸出については一部を税優遇措置の対象としている。政府資料で明らかになった。  全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は2月24日、野生動物の国内取引・消費を禁じた。国営メディアによると、全人代の報道官は当時、「むやみに野生動物を食べること、そしてそれが公衆衛生にもたらし得るリスクは重大な問題であり、広く懸念されている」と述べていた。