本、スポーツ、お酒……何でもいいので覚えておいて、新聞でも雑誌でも引っかかる話題が出てきたら切り抜いたりコピーしたりして、次の機会に持っていくのです。

「そういえばこの前おっしゃっていた○○でこんなことが……」

 それだけで話のネタになりますし、相手も喜んでくれます。覚えておいてもらったことが嬉しい。自分の好きなものを褒めてもらえると嬉しい。コミュニケーションのコツとは、そういう些細なことなのです。

人と別れる時には
また会いたくなる種をまく

 次回も会うのが楽しみだという印象を相手に持ってもらうためには、別れ際も大切です。

 以前、十数人のグループで沖縄旅行に出かけたのですが、私がもともと知っているのは一人だけで、あとの皆さんとは初対面でした。

 しかも私はその時、一足早く沖縄を発たなければならず、途中で失礼するのは申し訳ないなぁ……と感じていました。

 そこで、沖縄を発つ際に簡単なメッセージを残していくことにしたのです。

 その人との話や特徴など、前日の夜のうちに用意してきたミッキーのメモ帳に書き留めておき、フロントの人に預けておきました。

 メモを書いて帰るなんて大したことではありませんし、時間も20~30分で終わるようなことですから、そんなに手間でもありません。

 しかし、その一手間が大事です。

 その旅行後もみなさんとのお付き合いは続いているのですが、二度目に会うとその時のメモのことを覚えてくれていました。そうすると話のきっかけにもなりますし、何より「ああ、やってよかったな」と自分自身が嬉しくなるのです。

 そこで、沖縄を発つ際に簡単なメッセージを残していくことにしたのです。

 その人との話や特徴など、前日の夜のうちに用意してきたミッキーのメモ帳に書き留めておき、フロントの人に預けておきました。

 メモを書いて帰るなんて大したことではありませんし、時間も20~30分で終わるようなことですから、そんなに手間でもありません。

 しかし、その一手間が大事です。

 その旅行後もみなさんとのお付き合いは続いているのですが、二度目に会うとその時のメモのことを覚えてくれていました。そうすると話のきっかけにもなりますし、何より「ああ、やってよかったな」と自分自身が嬉しくなるのです。

 そんなふうに、人と別れる時にはまた次に会うのが楽しみになるような種をまいておくことが必要です。