「五十肩なら、痛くても動かしたほうがいいみたいですよ。あまり動かさないでいると、関節が癒着して、動かなくなるんですって。無理してもぐるぐる回す運動をした方がいいって、テレビで見ました」

「そうかぁ。俺、今テニスに命かけてるから、肩が動かなくなるのは困るよ。じゃあ、動かしてみるよ、ありがとう」

「でも待ってくださいよ、五十肩とは限らないですよね。病院に行った方がいいんじゃないですか」

「いや、絶対五十肩だよ。特に変な動きをしたわけじゃないから、ケガをしたとも思えないし、骨の病気とかでもないから。まずは軽く動かしながら様子を見てみるよ」

 ワンマン社長らしく宣言した。じつはヤスオさん、病院が大嫌いだったのだ。

 それから1週間、痛みを根性で耐え、懸命に動かしたが、症状はまったく改善しなかった。深夜の痛みは、そうした日々の果てに起きたものだった。

病名はインピンジメント症候群
3カ月のリハビリを命じられた

「五十肩ではないですね。これはインピンジメント症候群ですよ」

 問診、腕を上げる動作の確認、MRI検査などをした後、整形外科医が言った。受診したのは、テニス仲間に紹介されたスポーツ障害を得意とする病院だった。

「インピンジメントとは衝突という意味です。腕を上げる動作やねじる動作をした際に、肩甲骨と上腕骨の骨同士が衝突することで筋肉が損傷し、痛みが起きるようになります。

 腕を上げてみてください。途中で引っかかったようになって痛むけど、我慢して上まであげると痛くなくなるでしょ。腕を下ろすときも同じです。これがインピンジメント症候群の特徴です。痛くても動かせる。腕がぜんぜん上がらなくなる五十肩との大きな違いです。

 患者さんは、野球やテニスなど、投球するような動作があるスポーツをしている方が多いです。あとは加齢ですね。加齢による発症の場合は、なかなか治りにくいです。無理はいけません」

「ということは、無理やり動かすのは間違っていたということでしょうか」

 ヤスオさんは肩をさすりながら質問した。