愛知の推計結果

 愛知では、図2で見たように、感染者数の増加が4月中旬以降は抑制されている。愛知では、全期間のトレンドではなく、4月11日からの抑制されたトレンドで感染者数が増加していくとする。その場合、感染者数などの推計は表2のようになる。

 上記の結果をグラフにすると図4のようになる。

 愛知の4月11日からのトレンドでは、感染者が前日の感染者の0.989倍ずつ増加していくことになっている。係数が1より小さいのに増加しているのは定数項があるからだ。これによると、5月末の感染者数は720人、入院者数は606人、退院者数は72人、死者は42人となる。

 この推計では、愛知の過去の退院者数が少ないことを反映して、退院者数が少なすぎるように思われるが、それでも入院者数の爆発的増大は抑えられている。接触を絶ち、感染者数の爆発を抑えることができれば、医療崩壊は免れるということだ。