2011年3月期と2019年3月期を比較すると、原チャリは約30%減の510万3395台なのに対し、大型・普通二輪車の保有台数は約4%増の364万9321台。

 それゆえ、保有台数に占める取り締まり件数比率は、下表のようになる。

 原チャリが9.5%から7%にとどまる一方、大型・普通二輪車は4.9%から2.2%へ半減。その差は実に3倍強にも上る。

 要するに大型・普通二輪車のライダーは毎年100人に2.2人が交通違反で捕まっているのに対し、原チャリは毎年100人に7人が捕まっている計算になる。

原チャリ利用者は
何で捕まっているのか

 では、原チャリに乗っている人たちはどのような交通違反で捕まっているのか。

 そもそも原チャリは、実技試験がなく筆記試験のみであり、また、自動車の免許取得者に付帯されるなど、手軽に免許取得できる半面、他の二輪車にはない「3つの枷(かせ)」がある。

 法定最高速度が30km/h(他の二輪車は60km/h)、片側三車線以上の交差点での2段階右折が必要(他の二輪車は不要)、2人乗り禁止(他の二輪車は可能。ただし免許取得から1年後以降)だ。
「原付一種は公道で(道交法違反となる)さまざまなトラップがある」(二輪車メーカー)と言われるゆえんだ。

 中でも法定最高速度が30km/hというのは、いまどきの自転車(ロードバイク)にも抜かれかねない速度。自動車に追い抜かれる際に怖さを感じたり、場合によってはあおり運転の被害を受ける可能性もある。

 実際、下表の通り、最高速度違反は原チャリの違反件数で最も多いものの一つだ。