「持っていない」と損をする!
かかりつけ薬局で得すること

患者にタブレットを見せながらコミュニケーションができる電子薬歴システムMusubi。全国の薬局から問い合わせが相次いでいる 写真提供:Musubi

 みなさんは「かかりつけ薬局」を持っているだろうか。かかりつけの病院はあっても、薬局はない方が多いのでは?

 かく言う筆者もかかりつけ薬局は持っていない。病院で処方箋をもらったら、その病院の近くにある薬局で薬を出してもらう。それで終わりだった。

 これは、非常にもったいない。近所の親切な薬局、丁寧に相談に乗ってくれる薬局。そんなところをかかりつけに持った方が実は、お得になるのだ。

 例えば、1カ所の薬局へ複数医療機関の処方箋を同時に出すと、2つ目の医療機関以降最大で25円ずつ安くなる(調剤基本料1の薬局、自己負担割合3割の場合)。同じ薬局に3カ月以内に処方箋を持っていくと、3カ月超経過してから持参した場合と比較して、1回あたりの管理指導料が最大で42円安くなる(お薬手帳持参、自己負担割合3割の場合)。

 費用が安くなるだけでなく、かかりつけの薬局があると、健康面でもメリットが大きい。薬剤師が服薬履歴や体調の変化を把握してくれるので、何かあったときに気軽に相談ができる。加えて生活面のアドバイスをしてくれるため、健康を維持しやすい。

 心強いアドバイザーである薬剤師。この4月の診療報酬の改定によって、薬剤師が活躍するフィールドがさらに広がったのはご存じだろうか。