元慰安婦
元慰安婦で正義連の不正を告発したイ・ヨンス氏 Photo:YONHAP NEWS

元慰安婦が正義連を告発

 日韓関係を複雑なものにしてきた大きな要因の一つである慰安婦問題。この慰安婦問題が、韓国国内で国を揺るがす大問題に発展している。

 元慰安婦のグループで中心的役割を果たしてきた活動家の李容洙(イ・ヨンス)氏が、5月7日に記者会見を行い、「共に市民党」から国会議員に当選した正義記憶連帯(以下、“正義連”。韓国挺身隊問題対策協議会の後継組織)の尹美香(ユン・ミヒャン)前理事長について、「政治的・個人的目的のために慰安婦を利用してきた」と告発したのだ。

 イ・ヨンス氏によるその告発内容は驚くべきものだった。

 「(正義連は)義援金や基金などが集まれば被害者に使うべきなのに、被害者のために使ったことはない」

 「30年間にわたりだまされるだけだまされ、利用されるだけ利用された」

 「来週から水曜集会(毎週水曜日、日本大使館前で行われている抗議集会)に参加しない」

 「尹美香代表は私欲のため的外れなところに行った。国会議員をしてはならない」

 この告発から、正義連の本質が読み取れる。

 イ・ヨンス氏は過去28年間、国内外で慰安婦が受けた被害を証言してきた人物で、挺対協の活動の中心にいた。2017年に公開された映画『アイ・キャン・スピーク』の主人公として知られている。

 07年には、米国議会下院の公聴会に出席し「世界で起きている性暴行・蛮行を根絶するためにも日本は必ず謝罪しなければならない」と証言。トランプ米大統領を招いた国賓晩さん会にも招かれている。