新型コロナウイルス,行政,窓口
多くの自治体の窓口は、コロナ対応に追われています Photo:PIXTA

 市区町村の窓口は今、新型コロナウイルス感染拡大で大きな被害を受けた企業、個人が補償を求めて殺到している。行政サービスは窓口での対応がすべてではないが、これを機会にサービスを受けて、さまざまな感想を持った人もいるのではないか。

 では、今回のコロナの感染拡大が広がる前から、各自治体が行う「行政サービスに課題がある」と答えた住民が多い都道府県はどこなのだろうか。

 このランキングは、ブランド総合研究所が2019年に初めて行った住民視点で地域の課題を明らかにする『地域版SDGs調査』によるもの。それでは早速、47都道府県の住民に聞いた「『行政サービスに課題あり』と感じる人が多い都道府県ランキング」を見ていこう。

※アンケートはインターネットにて実施。1万5925人から回答を得た(一部を除き各都道府県から約340人)。調査時期は2019年7月12日~29日。社会の課題として挙げた48項目のうち「行政サービスの向上」を社会が取り組むべき課題だと答えた人の割合からランキングを作成した。

1位奈良県、2位大阪府、3位大分県
「行政サービスに課題あり」と感じる人が多い都道府県ランキング

「『行政サービスに課題あり』と感じる人が多い都道府県ランキング」の1位は奈良県で、行政サービスの向上に社会が取り組むべきと答えた人の割合は16%となった。2位は大阪府(13.9%)、3位には大分県(13.8%)が続いた。

 一方、課題と感じる人が少ない都道府県については、同率45位に神奈川県と京都府(8.2%)、そして47位は兵庫県(7.9%)だった。