コロナによる月収微減で破綻寸前に、50代夫婦が陥ったローン返済地獄
複数のローン返済が家計を圧迫し、コロナによる月収微減にも耐えられない状態でした Photo:PIXTA

 景気の良しあしにかかわらず、ローン返済によって家計が“崩壊”してしまう家庭は存在します。先の見通しが甘く、「なんとかなるさ」「借りれば大丈夫」とお金の使い方を振り返らず、将来の収入についても疑うことがない人が、こうした問題に直面しているように感じます。

 また、ローンに頼りがちな人は、必要ではないことにもお金を使ってしまう傾向があるようにも見えます。例えば、子どもが困らないようにと飲食料品などを必要以上に購入していたり、必要もないのに外出するたびに訪問先へ手土産を持っていったり……。悪気のないちょっとした気配りが、余分な支出につながってしまい、積もり積もって家計の状況を悪化させてしまうのです。

複数のローン返済で家計は火の車!
50代夫婦の家計が破綻寸前に陥ったワケ

 先日、手土産を持って妻とともに家計相談に来られた会社員のFさん(54歳)も、複数のローンを利用し、かつ日々のちょっとした支出がかさんだ結果、最終的に家計運営が困難となってしまった方のお一人です。

 Fさん自身の収入は月により変動はありますが、平均すると手取りで約38万円と少なくはなく、妻(51歳)もパートで月に7万円ほどの収入があります。合計で月に45万円ほどの収入があるFさん夫婦ですが、貯金はほぼありません。

 毎月なんとか暮らすことができていたというFさん夫婦ですが、今回の新型コロナウイルス騒動に伴い、残業がなくなるなどの影響を受けて、収入が4万円ほど減ってしまいました。そのため、どのように暮らしていけばいいのか不安になったというのがご相談の内容でした。