――WSJの人気コラム「ハード・オン・ザ・ストリート」 ***  在宅勤務の増加は、ニューヨークやサンフランシスコのような都市で賃貸暮らしをする人々の背中を押し、住宅購入に踏み切らせる可能性がある。ただし、物色先が必ずしもこうした大都市に限られるわけではなく、市場が動きだせばジロウやレッドフィンといったオンライン不動産仲介会社には願ってもない話になるかもしれない。  新型コロナウイルスの世界的大流行(パンデミック)で、不動産取引は世界的に激減した。